« イチリンソウとニリンソウ | トップページ | ヘビイチゴ属とキジムシロ属 »

2006年5月 7日 (日)

カキドオシとラショウモンカズラと・・・

 昨日のつづきです。

思いがけないところでイチリンソウとニリンソウに出会いました。
図鑑等でしか見たことがない花がまだまだ他にもありそうな気配で嬉しくなりました。少々興奮気味です。

060507ka

カキドオシ(シソ科)

和名は垣通し
つるが垣根を通って向こうまで伸びることによるらしいです。

昨日もイチリンソウと一緒に登場しています。

思えば、道端でよく見かける花です。

 

060507ra_1

ラショウモンカズラ(シソ科)

和名は羅生門蔓
青紫の花が、昔、羅生門で渡辺綱に切り落とされた鬼女の腕に似ていることからくる名であるらしいのですが…

 

このような怖いいわれは知らないほうがよかったのかも。花のイメージが変わってしまいます。花も可哀そうですね。

060507to 060507mu

(左)トキワハゼ(右)ムラサキサギゴケ、両者共、ゴマノハグサ科。

水田のあぜ道で撮ったのがムラサキサギゴケ。花は1.5~2cmとこちらのほうがが大きく、4月~6月に咲く。かたやトキワハゼは名のごとく4月~11月ごろまで咲く。思えばこのトキワハゼも道端でよく見かけますね。 つづく

|

« イチリンソウとニリンソウ | トップページ | ヘビイチゴ属とキジムシロ属 »

草木花Ⅱ(3月~5月)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。